賢い人はラインをやらない?LINEを使ってない芸能人5人の理由

こころ

賢い人はLINEをやらないって本当?

スマートフォンが普及し、コミュニケーションツールとしてLINEを使う人が増えています。でも、「LINEはやらない」という人も一定数いますよね。

この記事では、賢い人がLINEをやらない理由と、LINEをやらない人の特徴について深掘りしていきます。

記事の前半では『LINEをやらない人5つの理由&実際に使ってない芸能人』について解説し、記事の後半では『LINE の年代別使用割合』について紹介します。

この記事を読み終えることで、LINEを使うか使わないかは個人の価値観次第だと理解できるはずです。

賢い人がLINEを使わない理由を知ることで、コミュニケーションツールの選び方が上手くなるかもしれませんね。

LINEやらない人5つの理由
  • プライバシーを守るため
  • 時間を有効活用するため
  • 直接会って話す方が良いと考えているから
  • 本当に大切な人とだけ繋がりたいから
  • 煩わしい人間関係が増えるから
目次

賢い人はLINEをやらない?LINEを使わない人5つの理由

LINEは現代社会において欠かせないコミュニケーションツールとなっていますが、賢い人の中にはLINEを使わない人もいるようです。

ここでは、賢い人がLINEをやらない5つの理由を探ってみましょう。

賢い人がLINEをやらない理由は以下の通りです。

  • プライバシーを守るため
  • 時間を有効活用するため
  • 直接会って話す方が良いと考えているから
  • 本当に大切な人とだけ繋がりたいから
  • 煩わしい人間関係が増えるから

それぞれ解説していきます。

プライバシーを守るため

賢い人がLINEをやらない理由の1つに、プライバシーを守るためというものがあります。

LINEでは、個人情報の流出やプライバシーの侵害が起こる可能性があるのです。

例えば、以下のようなリスクがあります。

  • LINEのトークが第三者に見られる可能性がある
  • LINEの友だちリストが流出する可能性がある
  • LINEの個人情報が悪用される可能性がある

賢い人は、こうしたプライバシーのリスクを回避するために、LINEを使わないことを選択するのでしょう。

特に、仕事上の機密情報を扱う人にとっては、LINEの使用は避けた方が良いかもしれません。

プライバシーを守ることは、賢明な判断だと言えますね。

時間を有効活用するため

賢い人がLINEをやらない理由の1つに、時間を有効活用するためというものがあります。

LINEでは、つい長時間のやり取りに費やしてしまうことがあるのです。

例えば、以下のような状況に陥りやすいでしょう。

  • グループトークで盛り上がって、仕事に集中できなくなる
  • LINEのやり取りに夢中になって、他のことが手につかなくなる
  • LINEの通知が気になって、作業の効率が下がる

賢い人は、時間を無駄にすることを避けるために、LINEを使わないことを選択するのかもしれません。

大切な時間を有効活用することは、賢明な判断だと言えますね。

LINEに費やす時間を、自分の成長のために使うのも良いかもしれません。

直接会って話す方が良いと考えているから

賢い人がLINEをやらない理由の1つに、直接会って話す方が良いと考えているからというものがあります。

LINEでは、表情や声のトーンが伝わりにくく、誤解を生みやすいのです。

例えば、以下のようなデメリットがあります。

  • 文章だけでは、本当の意図が伝わりにくい
  • 絵文字や顔文字に頼りすぎると、真意が曖昧になる
  • 重要な話をLINEですると、軽く見られる可能性がある

賢い人は、直接会って話すことの大切さを知っているのでしょう。

対面でのコミュニケーションなら、相手の反応を見ながら話せますからね。

LINEに頼りすぎず、直接会って話す機会を大切にすることが賢明だと言えます。

本当に大切な人とだけ繋がりたいから

賢い人は人間関係を大切にしますが、無駄な関係は避けます。

LINEは簡単に多くの人と繋がることができますが、それが必ずしも有益とは限りません。

実際に、以下のような人たちとの繋がりが増えることがあります。

  • 時間を奪うだけの知人
  • 仕事上だけの付き合い
  • 表面的な関係の友人

賢い人はこれを避け、必要な人とだけ深い関係を築いていきます。

そうすることで、より質の高い人間関係を保つことができるのです。

大切なのは、人間関係の質を重視することです。

煩わしい人間関係が増えるから

賢い人がLINEをやらない理由の1つに、煩わしい人間関係が増えるからというものがあります。

LINEでは、簡単に友だち追加ができてしまうため、つながりが広がりすぎてしまうのです。

例えば、以下のようなデメリットがあります。

  • 友だち追加された相手と、無理に会話をしなければならない
  • グループトークに招待され、脱退しづらい空気になる
  • 一度友だちになった相手と、縁を切るのが難しい

賢い人は、こうした煩わしい人間関係を避けるために、LINEを使わないことを選択するのかもしれません。

大切な人間関係だけを築くことで、ストレスのない生活を送れるでしょう。

LINEで安易につながりを広げるよりも、身近な人との関係を大切にすることが賢明だと言えます。

LINEをやってない芸能人5人

LINEは現代社会で欠かせないコミュニケーションツールとなっていますが、芸能人の中にはLINEを使っていない人もいるようです。

ここでは、LINEをやっていないことで知られる芸能人5人を紹介します。

松本人志

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志さんは、LINEをあまり使いこなせていないようです。

テレビ番組での発言によると、松本さんはLINEを家族とのやり取りにしか使っていないのだとか。

また、「LINEって大人の汚らしい話するわけでしょ?」と、LINEに対して独特のイメージを持っているようです。

松本さんにとって、LINEは健全な会話をするためのツールというよりは、ちょっと怪しげなイメージがあるのかもしれません。

勝俣州和

お笑い芸人の勝俣州和さんは、スマホを持っておらず、LINEやSNSも一切やっていないそうです。

勝俣さんがLINEを使わない理由は、人とのコミュニケーションは電話で直接話すことを重視しているからだとか。

「電話だと考えながら話すぶん、気持ちが乗って届きやすい」という考えから、LINEよりも電話でのやり取りを好んでいるようです。

また、「ホントに好きな人だけと繋がっていたい」という思いから、LINEで広く人脈を広げることには興味がないのだそうです。

こちらの動画で詳しく話されています↓↓

引用:カジサックチャンネル

永野芽郁

女優の永野芽郁さんも、LINEをやめたことを明かしています。

永野さんがLINEをやめた理由は、限られた人とだけやり取りをするのが好きだからだとか。

LINEだと気軽に友だち追加ができてしまうので、フレンドリーな関係が広がりすぎてしまうことを懸念しているようです。

プライベートを大切にしたいという永野さんにとって、LINEは必ずしも必要なツールではないのかもしれません。

有吉弘行

お笑い芸人の有吉弘行さんも、連絡手段としてLINEを使っていないそうです。

有吉さんは「ショートメールだけなのよ」と明かし、「いやだろ?変な大御所みたいで」と自虐的にコメントしています。

有吉さんにとって、LINEは若者が使うツールというイメージがあるのかもしれません。

ベテラン芸人としてのプライドから、あえてLINEを使わないスタイルを貫いているのかもしれません。

出川哲朗

お笑い芸人の出川哲朗さんも、LINEが嫌いだと公言しています。

出川さんがLINEを嫌う理由は、番組共演者とのグループトークで挨拶をしなければならなくなるからだとか。

挨拶をしないと、その人がいじめられてしまうことを危惧しているようです。

出川さんにとって、LINEでのグループトークは面倒くさいだけでなく、人間関係のストレスにもなっているのかもしれません。


以上が、LINEをやっていないことで知られる芸能人5人の紹介でした。

芸能人の中にも、プライバシーを守るため、コミュニケーションスタイルを大切にするため、個人的な好みからLINEを使わない人がいるようです。

特に年配の芸能人は、LINEよりも電話や対面でのやり取りを好む傾向があるのかもしれません。

一方、若手芸能人の中にもLINEを使わない人がいるのは興味深い事実ですね。

芸能人といえども、コミュニケーションツールの選び方は人それぞれのようです。

LINEを使わない芸能人の考え方は、私たち一般人にとっても参考になるのではないでしょうか。

LINEをやってない人のあるあるな特徴5つ

LINEをやっていない人には、ある共通点があるようです。

ここでは、LINEをやってない人のあるあるな特徴を5つ挙げてみました。

LINEをやってない人の特徴は以下の通りです。

  • プライバシーに敏感
  • 電話派
  • 対面でのコミュニケーションを好む
  • SNSを積極的に使わない
  • 仕事とプライベートをしっかり分けている

それぞれ解説していきます。

プライバシーに敏感

LINEをやってない人の特徴の1つに、プライバシーに敏感というものがあります。

LINEでは、個人情報の流出やプライバシーの侵害が起こる可能性があるのです。

プライバシーに敏感な人は、以下のような行動を取ることが多いでしょう。

  • 個人情報の登録を最小限に留める
  • プライバシーポリシーをよく読む
  • セキュリティ対策を怠らない

LINEをやってない人は、プライバシーを守ることを重視しているのかもしれません。

個人情報の管理には、細心の注意が必要ですからね。

プライバシーに敏感なことは、決して悪いことではありません。

電話派

LINEをやってない人の特徴の1つに、電話派というものがあります。

LINEでのやり取りよりも、電話で直接話す方が好きな人が多いのです。

電話派の人は、以下のような理由から電話を好んでいるのかもしれません。

  • 相手の声を直接聞くことができる
  • リアルタイムでコミュニケーションができる
  • 長い話でも、スムーズに話せる

LINEをやってない人は、電話派である可能性が高いですね。

電話なら、相手の反応を直接感じ取ることができますからね。

電話派であることは、コミュニケーション能力の高さの表れかもしれません。

対面でのコミュニケーションを好む

LINEをやってない人の特徴の1つに、対面でのコミュニケーションを好むというものがあります。

LINEでのやり取りよりも、直接会って話す方が好きな人が多いのです。

対面でのコミュニケーションを好む人は、以下のような理由から直接会うことを好んでいるのかもしれません。

  • 相手の表情や仕草を見ることができる
  • 場の雰囲気を感じ取ることができる
  • 深い話ができる

LINEをやってない人は、対面でのコミュニケーションを大切にしているのでしょう。

直接会って話すことで、相手との絆を深められますからね。

対面でのコミュニケーションを好むことは、人間関係を大切にしている証かもしれません。

SNSを積極的に使わない

LINEをやってない人の特徴の1つに、SNSを積極的に使わないというものがあります。

LINEだけでなく、他のSNSも使わない人が多いのです。

SNSを積極的に使わない人は、以下のような理由からSNSを避けているのかもしれません。

  • プライバシーの侵害が心配
  • SNS依存になることを恐れている
  • SNSでの人間関係が面倒に感じる

LINEをやってない人は、SNSにも積極的ではないのかもしれません。

SNSに振り回されずに、自分の時間を大切にしているのでしょう。

SNSを使わないことで、リアルな人間関係を築けるかもしれません。

仕事とプライベートをしっかり分けている

LINEをやってない人の特徴の1つに、仕事とプライベートをしっかり分けているというものがあります。

LINEを使わないことで、仕事とプライベートの境界線を明確にしているのです。

仕事とプライベートをしっかり分けている人は、以下のような行動を取ることが多いでしょう。

  • 仕事の連絡はメールや電話で行う
  • プライベートの話は、仕事では話さない
  • 仕事とプライベートの付き合いを分ける

LINEをやってない人は、メリハリのある生活を送っているのかもしれません。

仕事に集中できる環境を整えることは、とても大切ですからね。

仕事とプライベートをしっかり分けることで、充実した人生を送れるでしょう。

若い子はLINEをやらない?年代別の使用割合

モバイル社会研究所が発表した「スマホ・ケータイ所有者のSNS利用動向」調査によると、LINEの年代別利用率には興味深い傾向が見られます。

15歳から79歳までの幅広い年齢層を対象とした本調査では、以下のような結果が示されています。

  • 10代:94.4%以上
  • 20代:92.8%以上
  • 30代:90.1%以上
  • 40代:84.5%以上
  • 50代:81.2%以上
  • 60代:80.1%以上
  • 70代:72.7%以上

10代のLINE利用率が94.4%以上と最も高く、20代、30代と続いています。

若年層ほどLINEを積極的に活用していることが分かります。

こころ

若い子はLINEをやらないという話は事実ではないということですね。

一方、40代以降は利用率が徐々に下がっていく傾向にあります。

それでも、40代で84.5%以上、50代で81.2%以上と、中高年層でもLINEを利用している人は多数派です。

60代、70代になると利用率はさらに下がりますが、それでも60代で80.1%以上、70代で72.7%以上と高い水準を維持しています。

こころ

60代、 70代のLINE使用率は2018年から2022年の間でなんと倍以上になっているんですよ。

スマートフォンの普及に伴い、高齢者のLINE利用も着実に増えているようです。

孫とのコミュニケーションなどに、LINEを活用するケースが増えているのかもしれません。

以上の調査結果から、LINEは10代から70代まで幅広い年代に浸透していることが分かります。

頑なにLINEをやらない人は迷惑?3つの意見

LINEは便利なコミュニケーションツールですが、頑なにLINEをやらない人がいると、周りの人は迷惑に感じることがあるようです。

ここでは、頑なにLINEをやらない人が迷惑だと感じる3つの意見を紹介します。

頑なにLINEをやらない人が迷惑だと感じる意見は以下の通りです。

  • 連絡がスムーズにいかず不便
  • 緊急時に連絡が取れない可能性がある
  • LINEでのグループコミュニケーションに参加できない

それぞれ解説していきます。

連絡がスムーズにいかず不便

頑なにLINEをやらない人がいると、連絡がスムーズにいかず不便だと感じる人が多いようです。

LINEなら、短い文章でも気軽に送れるので、連絡がスムーズにいくのです。

しかし、LINEをやらない人には、わざわざ電話やメールをしなければなりません。

このように、連絡手段が限られてしまうと、コミュニケーションに支障が出てしまうのです。

例えば、以下のような状況で不便さを感じるかもしれません。

  • 待ち合わせ場所を変更したい時に、すぐに連絡できない
  • 急な予定変更を伝えたい時に、相手に届くか心配になる
  • 簡単な確認事項を聞きたい時に、わざわざ電話をかけなければならない

LINEをやらない人とのやり取りでは、こうした不便さを感じることが多いようです。

連絡がスムーズにいかないと、イライラしてしまうこともあるでしょう。

LINEをやらない人も、周りの人への配慮が必要かもしれませんね。

緊急時に連絡が取れない可能性がある

頑なにLINEをやらない人がいると、緊急時に連絡が取れない可能性があると感じる人が多いようです。

LINEなら、相手がスマホを持っていれば、すぐに連絡が取れます。

しかし、LINEをやらない人に緊急の連絡をするには、電話をするしかありません。

電話に出ない場合は、連絡が取れない可能性があるのです。

例えば、以下のような緊急時に連絡が取れないと困ってしまうかもしれません。

  • 事故や災害に遭った時に、助けを求められない
  • 体調が悪くなった時に、誰かに伝えられない
  • 大切な用事を頼んだのに、相手の返事が来ない

緊急時は、1分1秒を争う場合もあります。

LINEをやらない人だと、そうした緊急事態に対応できない可能性があるのです。

いざという時に連絡が取れないのは、不安でしかありません。

LINEをやらない人も、緊急連絡先くらいは知らせておくべきかもしれませんね。

LINEでのグループコミュニケーションに参加できない

頑なにLINEをやらない人がいると、LINEでのグループコミュニケーションに参加できないと感じる人が多いようです。

LINEでは、グループトークを通じて、複数人でコミュニケーションを取ることができます。

しかし、LINEをやらない人は、グループトークに参加できません。

このように、グループでのコミュニケーションに参加できないと、仲間外れにされているように感じてしまうのです。

例えば、以下のような状況で疎外感を感じるかもしれません。

  • 友人グループでの予定を、LINEで決めている
  • サークルのメンバーが、LINEでイベントの相談をしている
  • 同僚が、LINEで仕事の情報共有をしている

グループでの一体感は、LINEを通じて醸成されることが多いですからね。

LINEをやらない人は、そうしたグループダイナミクスから外れてしまうのです。

周りから孤立しているように感じてしまうかもしれません。

グループコミュニケーションに参加できないのは、寂しいものですよね。


以上が、頑なにLINEをやらない人が迷惑だと感じる3つの意見です。

LINEをやらない人がいると、連絡やコミュニケーションに支障が出てしまうようですね。

特に、緊急時の連絡やグループコミュニケーションでの疎外感は、深刻な問題と言えるでしょう。

LINEに頼りすぎないコミュニケーションのあり方を、みんなで考えていく必要がありそうですね。

LINEを使いたくない場合の代わりの連絡手段4つ

LINEを使いたくない場合でも、連絡手段は他にもたくさんあります。

ここでは、LINEの代わりになる連絡手段を4つ紹介します。

LINEの代わりになる連絡手段は以下の通りです。

  • 電話
  • メール
  • SMS
  • SNSのダイレクトメッセージ

それぞれ解説していきます。

電話

LINEを使いたくない場合の代わりの連絡手段として、電話があります。

電話なら、相手の声を直接聞くことができるので、コミュニケーションが取りやすいですね。

また、長い話でも、スムーズに話すことができます。

電話の良い点は、以下のようなことが挙げられます。

  • 相手の反応をリアルタイムで確認できる
  • 声のトーンで、相手の感情を読み取れる
  • 複雑な内容も、詳しく説明できる

ただ、相手の都合を考えずに電話をかけてしまうと、迷惑になる可能性もあります。

電話をかける際は、相手の状況を考えることが大切です。

メール

LINEを使いたくない場合の代わりの連絡手段として、メールがあります。

メールなら、相手の都合に合わせて、ゆっくりとメッセージを送ることができます。

また、メールは長文でも送りやすいので、詳しい説明が必要な場合に便利です。

メールの良い点は、以下のようなことが挙げられます。

  • 時間に縛られずに、メッセージを送れる
  • 添付ファイルを送ることができる
  • 送信履歴が残るので、後で確認できる

ただ、メールのやり取りは、LINEと比べるとスピード感に欠けるかもしれません。

急ぎの連絡には、電話やSMSの方が適しているでしょう。

SMS

LINEを使いたくない場合の代わりの連絡手段として、SMSがあります。

SMSなら、相手がスマホを持っていれば、すぐにメッセージを送ることができます。

また、SMSは電話番号さえ知っていれば送れるので、LINEの友だち登録が不要です。

SMSの良い点は、以下のようなことが挙げられます。

  • 通信料金が安い
  • 通信環境が悪くても送れる
  • 機種に関係なく利用できる

ただ、SMSは文字数に制限があるので、長い文章を送るには不向きです。

簡単な連絡には、SMSが便利でしょう。

SNSのダイレクトメッセージ

LINEを使いたくない場合の代わりの連絡手段として、SNSのダイレクトメッセージがあります。

TwitterやInstagramなどのSNSでは、ダイレクトメッセージ機能を使って、個人的にメッセージを送ることができます。

SNSのダイレクトメッセージなら、LINEを使わなくてもメッセージのやり取りができるので便利です。

SNSのダイレクトメッセージの良い点は、以下のようなことが挙げられます。

  • 不特定多数に公開されずに、メッセージを送れる
  • 写真や動画を送ることができる
  • 相手のSNS上の情報を見ながら、メッセージを送れる

ただ、SNSのダイレクトメッセージは、相手もそのSNSを使っていなければ送れません。

相手がどのSNSを使っているのか、確認しておく必要がありますね。


以上が、LINEを使いたくない場合の代わりの連絡手段の紹介です。

電話、メール、SMS、SNSのダイレクトメッセージなど、LINEの代わりになる連絡手段はたくさんあります。

状況に応じて、適切な連絡手段を選ぶことが大切ですね。

LINEを使わなくても、コミュニケーションの手段は無限にあります。

自分に合った連絡手段を使いこなして、円滑にコミュニケーションを取っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こころと申します。20代で心理学者として活動しており、特に感情認知やストレス管理の研究に情熱を傾けています。現在は心理学で得た知見を通して多くの方の悩みを解決する発信をしています。

目次