【注意】わざとぶつかってくる人への仕返しはやめておくべき理由3つ

こころ

わざとぶつかってくる人への仕返しを考えるのはやめた方がいいです!

「いつもぶつかってくるあの人、本当に腹が立つ!同じことをして仕返ししてやりたい…。」と思うのは自然な感情かもしれませんが、それは賢明な選択とは言えません。

この記事では、わざとぶつかってくる人に仕返しすることの問題点を理解するとともに、そのような行為に駆り立てられる心理的背景についても探ります。

記事の前半では『わざとぶつかってくる人への仕返しはやめておくべき理由3つ』について解説し、

記事の後半では『わざとぶつかってくる人への対策4つ』について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読み終えることで、報復の連鎖に巻き込まれることなく、建設的な問題解決の方法を見出すヒントが得られるでしょう。

この記事のポイント
  • 仕返しは復讐の連鎖を生むのでよくない
  • わざとぶつかってくる人の心理を知ろう
  • わざとぶつかってくる人への対策を知ろう
目次

わざとぶつかってくる人への仕返しはやめておくべき理由3つ

わざとぶつかってくる人に対して仕返しをするのは避けるべきです。

仕返しをすることで問題が解決するどころか、逆に事態を悪化させる可能性があります。

仕返しをしてはいけない理由は以下の3つが挙げられます。

  • 仕返しは報復の連鎖を生むから
  • 自分も加害者になってしまうから
  • 問題の本質的な解決にはつながらないから

それぞれ解説していきます。

仕返しは報復の連鎖を生むから

仕返しをすることで、相手からの報復を招いてしまい、悪循環に陥る危険性があります。

一時の感情に任せて仕返しをすると、相手も同じように仕返しをしてくるでしょう。

実際に、仕返しによって事態が悪化した例は以下のようなものがあります。

  • 仕返しが過激になり、暴力事件に発展してしまった
  • お互いに仕返しを繰り返し、いつまでも解決しなかった
  • 第三者が巻き込まれ、より大きな問題となった

このように、仕返しは新たな問題を引き起こす可能性が高いのです。

また、感情的になると冷静な判断ができなくなるので、適切な対応が取れなくなります。

仕返しをしたい気持ちはよく分かりますが、ぐっとこらえることが大切ですよ。

自分も加害者になってしまうから

仕返しをすることで、自分自身も加害者になってしまう可能性があります。

相手の行為がいくら悪質でも、仕返しという形で同じようなことをすれば、自分も同レベルの加害者と見なされてしまうのです。

以下のような事態を招く恐れがあります。

  • 自分も法的責任を問われる可能性がある
  • 周囲から公平性を欠いていると非難される
  • 正当防衛とは認められず、処罰の対象となる

仕返しをすることで、自分の立場が悪くなるリスクが高いと言えます。

また、感情に任せた行動は、後になって後悔する原因にもなりかねません。

一時の感情に流されずに、冷静に行動することが何より大切なのです。

問題の本質的な解決にはつながらないから

仕返しをしたところで、問題の根本的な解決にはつながらないことが多いです。

相手の行為の原因を探り、適切に対処することで初めて、問題の本質的な解決につながるのです。

仕返しでは以下のような根本的な問題解決ができません。

  • 相手の行動の背景にある心理的要因への対処
  • 再発防止のための環境づくりや教育
  • 適切な第三者機関の介入による問題解決

仕返しは一時的な感情の発散にはなるかもしれませんが、長期的な視点で見ると意味がないのです。

むしろ、冷静に問題と向き合い、建設的な解決策を模索することが重要です。

その方が、自分のためにも相手のためにもなるはずですから。

わざとぶつかってくる人の心理3つ

わざとぶつかってくる人には、一定の心理的特徴があると考えられています。

彼らの行動の背景を理解することで、適切な対処法を見出すことができるでしょう。

わざとぶつかってくる人の心理には以下の3つが挙げられます。

  • 注目を引きたいという強い欲求がある
  • 自己顕示欲が強く、他者への共感性に乏しい
  • ストレスやフラストレーションを不適切な形で発散している

それぞれ解説していきます。

注目を引きたいという強い欲求がある

わざとぶつかってくる人は、他者からの注目を強く求めている傾向があります。

自分の存在を誰かに認めてもらいたいという欲求が、不適切な行動となって現れているのです。

実際に、以下のような心理的背景を抱えている人が多いと言われています。

  • 幼少期に十分な愛情を受けられなかった
  • 自尊心が低く、自分に自信がない
  • 人間関係での充足感を得られずにいる

このような心理状態から、極端な行動で注目を集めようとしてしまうのでしょう。

また、周囲から注意されることで、存在を認めてもらえたと感じるのかもしれません。

心の奥底にある寂しさや不安を理解し、適切なケアを提供することが求められます。

自己顕示欲が強く、他者への共感性に乏しい

わざとぶつかってくる人は、自己顕示欲が強い一方で、他者への共感性に乏しい傾向があります。

自分を良く見せたいという欲求が強すぎるあまり、他者の気持ちを考えることができないのです。

以下のような特徴を持つ人が該当すると考えられます。

  • 自分の優位性を示すことに執着している
  • 他者の感情や立場を想像することが苦手である
  • 共感よりも競争心が勝ってしまう

このような心理的特性から、人にぶつかるという自己中心的な行動に出てしまうのでしょう。

ただし、彼らも心の奥底では、他者から認められたいという欲求を抱えているはずです。

対立するのではなく、うまくコミュニケーションを取ることが大切ですね。

ストレスやフラストレーションを不適切な形で発散している

わざとぶつかってくる行為は、ストレスやフラストレーションの不適切な発散方法である可能性があります。

日常生活での鬱憤やイライラを、他者への迷惑行為という形で解消しているのかもしれません。

例えば、以下のようなストレス要因を抱えている人がいるでしょう。

  • 学校や職場での人間関係に悩んでいる
  • 家庭環境に問題を抱えている
  • 自分の理想と現実のギャップに苦しんでいる

内面の葛藤を適切に処理できずに、攻撃的な行動に走ってしまうのです。

また、ストレス耐性が低く、些細なことでカッとなりやすいタイプの人もいるかもしれません。

一時の感情に任せるのではなく、根本的なストレス対処法を身につける必要がありそうです。

世の中には「ぶつかりおじさん」と呼ばれる犯罪者予備軍も存在します。

下記の記事で詳しく解説しているので、こちらも合わせて読んでおきましょう。

わざとぶつかってくる人への対策4つ

わざとぶつかってくる人に遭遇した際は、冷静かつ適切に対処することが求められます。

感情的になるのではなく、状況を客観的に判断し、臨機応変に行動することが大切です。

わざとぶつかってくる人への対策は以下の4つが挙げられます。

  • 冷静さを保ち、感情的な対応は避ける
  • 毅然とした態度で、行為の不適切さを伝える
  • 状況に応じて、周囲の人や公的機関に助けを求める
  • 繰り返される場合は、専門家に相談し、適切な解決策を探る

それぞれ解説していきます。

冷静さを保ち、感情的な対応は避ける

わざとぶつかってくる人に対しては、まずは冷静さを保つことが大切です。

感情的になって相手を非難したり、攻撃的な言動を取ったりすれば、事態を悪化させるだけです。

以下のようなことを心がけましょう。

  • 深呼吸をして、自分の感情をコントロールする
  • 相手の挑発に乗らず、冷静に対応する
  • 感情的な言葉や行動は慎む

相手がいくら理不尽な行為をしてきても、こちらが感情的になってはいけません。

また、相手の心理状態を推し量り、適切な対応を心がけることも大切です。

カッとなって仕返しをしたくなる気持ちもよく分かりますが、ぐっとこらえましょう。

毅然とした態度で、行為の不適切さを伝える

わざとぶつかってくる人に対しては、毅然とした態度で接することが求められます。

相手の行為が不適切であることを、はっきりと伝える必要があるのです。

具体的には、以下のように対応するとよいでしょう。

  • 「今の行為は危険です」と明確に伝える
  • 「迷惑行為はやめてください」と毅然とした態度で言う
  • 「繰り返すようであれば、通報します」と警告する

相手の行為を許容しているような態度は避け、毅然とした姿勢で臨むことが大切です。

ただし、相手を挑発するような言い方は控え、冷静かつ毅然とした態度を心がけましょう。

自分の権利を守るためにも、勇気を持って行動することが求められます。

状況に応じて、周囲の人や公的機関に助けを求める

わざとぶつかってくる人への対処は、状況に応じて柔軟に行うことが大切です。

自分一人で対応するのが難しい場合は、周囲の人や公的機関に助けを求めるのも一つの方法です。

例えば、以下のような対応が考えられます。

  • 周りにいる人に助けを求める
  • 施設の管理者やスタッフに相談する
  • 警察や消防など公的機関に通報する

一人で抱え込まずに、周囲の協力を得ることで、適切な解決につなげることができるでしょう。

また、自分の安全が脅かされるような事態の場合は、躊躇せずに公的機関に助けを求めましょう。

自分の身は自分で守るという意識を持つことが何より大切ですからね。

繰り返される場合は、専門家に相談し、適切な解決策を探る

わざとぶつかってくる行為が繰り返される場合は、専門家に相談するのが賢明です。

一人で問題を抱え込まずに、適切な助言を得ることで、効果的な解決策を見出せるはずです。

以下のような専門家に相談するのがおすすめです。

  • スクールカウンセラーや職場の相談窓口
  • 警察の相談窓口や弁護士
  • カウンセラーや臨床心理士

専門家の助言を参考に、適切な解決策を探ることが大切です。

また、問題の背景にある相手の心理状態にも目を向け、適切なケアを提供することも重要でしょう。

一時の感情ではなく、長期的な視点で問題解決に取り組むことが何より大切なのです。

まとめ

わざとぶつかってくる人への対応と、仕返しを避けるべき理由について解説しました。

わざとぶつかってくる人への仕返しは、以下の3つの理由からやめておくべきです。

  • 仕返しは報復の連鎖を生むから
  • 自分も加害者になってしまうから
  • 問題の本質的な解決にはつながらないから

わざとぶつかってくる人の心理としては、以下の3つが考えられます。

  • 注目を引きたいという強い欲求がある
  • 自己顕示欲が強く、他者への共感性に乏しい
  • ストレスやフラストレーションを不適切な形で発散している

わざとぶつかってくる人への対策としては、以下の4つが挙げられます。

  • 冷静さを保ち、感情的な対応は避ける
  • 毅然とした態度で、行為の不適切さを伝える
  • 状況に応じて、周囲の人や公的機関に助けを求める
  • 繰り返される場合は、専門家に相談し、適切な解決策を探る

わざとぶつかってくる人の行為は、注目欲求や自己顕示欲、ストレス発散などが背景にある場合が多いです。しかし、それを正当化する理由にはなりません。

仕返しをしたくなる気持ちは理解できますが、報復の連鎖を生むだけでなく、自分も加害者になってしまう恐れがあります。問題の本質的な解決にもつながりません。

大切なのは、冷静さを保ち、毅然とした態度で不適切さを伝えることです。それでも改善されない場合は、周囲の人や公的機関に助けを求めるのも一つの方法でしょう。

繰り返し被害に遭っているのであれば、専門家に相談し、適切な解決策を探ることをおすすめします

わざとぶつかってくる人への対応は、慎重かつ冷静に行うことが重要です。感情に流されず、建設的な解決を目指すことが、問題の改善につながるはずです。

安全を最優先に、周囲の支援も得ながら、一歩ずつ前に進んでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こころと申します。20代で心理学者として活動しており、特に感情認知やストレス管理の研究に情熱を傾けています。現在は心理学で得た知見を通して多くの方の悩みを解決する発信をしています。

目次