ぶつかりおじさんの心理とは?卑劣な犯罪者予備軍の正体を暴く!

こころ

ぶつかりおじさんの心理とはどのようなものだろうか?

「ぶつかりおじさん被害に遭った…。なぜこんなことをするのか理解できない。」と困惑している人も多いのではないでしょうか。

ぶつかりおじさんは弱者を狙う卑劣な犯罪者予備軍と考えて適切に対策する必要があります。

この記事では、ぶつかりおじさんの行動の裏にある心理的要因を探るとともに、そのような被害から身を守るための具体的な対策をお伝えします。

記事の前半では『ぶつかりおじさんの行動の裏にある4つの心理』について解説し、

記事の後半では『ぶつかりおじさんから身を守るための対策5つ』について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ただし、被害に遭った場合は、跳ねかすなどの仕返しは絶対にせず、冷静に状況証拠を残し、必要に応じて警察など公的機関に相談することが重要ですよ。

この記事で分かること
  • ぶつかりおじさんの行動の裏にある4つの心理
  • ぶつかりおじさんがよく使う3つの手口
  • ぶつかりおじさんから身を守るための対策5つ
目次

ぶつかりおじさんの行動の裏にある4つの心理

ぶつかりおじさんと呼ばれる人たちの行動には、一定の心理的な背景があると考えられています。

彼らの行動の裏側にある心理を知ることで、適切な対策を取ることができるでしょう。

ぶつかりおじさんの行動の裏にある心理には以下の4つが挙げられます。

  • わいせつ目的
  • ストレスの発散
  • 劣等感やコンプレックスがある
  • 女性軽視の考えが根強い

それぞれ解説していきます。

わいせつ目的

ぶつかりおじさんの中には、明確なわいせつ目的を持っている人がいます。

女性の体に触れることで性的な満足を得ようとしているのです。

実際に、以下のような犯罪心理が背景にあると考えられています。

  • 性的欲求が強く、それを抑えられない
  • 女性を性的な対象としてしか見ていない
  • 自分の行為を罪だと自覚していない

このような歪んだ性意識を持つ人は、単なる偶然の接触とは言えません。

また、一度成功体験を得ると、更に大胆な行動に出る可能性もあります。

わいせつ目的のぶつかりは、明らかな犯罪行為であると認識しておく必要がありますね。

ストレスの発散

ぶつかりおじさんの中には、ストレス発散の一環として行動している人もいるようです。

日常生活での鬱憤やイライラを、ぶつかるという行為で解消しているのかもしれません。

以下のようなストレス要因を抱えている可能性があります。

  • 仕事や家庭での人間関係に問題を抱えている
  • 社会的地位や経済力に不満を感じている
  • 自身の理想と現実のギャップに苦しんでいる

内面の葛藤を女性にぶつかることで発散しているのでしょう。

ただし、ストレス発散とは言え、他者に迷惑をかける行為は許されるものではありません。

適切なストレス対処法を身につける必要があると言えます。

劣等感やコンプレックスがある

ぶつかりおじさんの中には、強い劣等感やコンプレックスを抱えている人がいると考えられています。

自分より優位な存在である女性を、ぶつかるという行為で見下すことで優越感を得ているのかもしれません。

例えば、以下のような心理が背景にあるのではないでしょうか。

  • 容姿や経済力に自信がない
  • 異性とうまくコミュニケーションが取れない
  • 社会的地位が低いことにコンプレックスを感じている

自尊心が低く、他者を見下すことでしか自己を保てない状況なのかもしれません。

ただし、そのような心理状態を正当化するものではありません。

自己肯定感を高め、他者を尊重する姿勢を身につけることが何より大切です。

女性軽視の考えが根強い

ぶつかりおじさんの行動の背景には、女性を軽視する考え方が根強くあるのかもしれません。

無意識のうちに女性を弱い存在、従属的な存在と見なしているのでしょう。

以下のような価値観を持っている可能性があります。

  • 男性優位の考え方が染みついている
  • 女性は男性に従うべきだと考えている
  • 女性の社会進出を快く思っていない

このような女性蔑視の意識が、ぶつかるという行為に表れているのかもしれません。

また、このような意識は社会全体の問題でもあり、根深い課題だと言えます。

一人一人が意識を改革し、男女平等の価値観を育んでいく必要がありそうです。

ぶつかりおじさんから身を守るための対策5つ

ぶつかりおじさんから身を守るためには、日頃から適切な対策を取ることが大切です。

自分の身は自分で守るという意識を持ち、臨機応変に行動することが求められます。

ぶつかりおじさんから身を守るための対策には、以下の5つが挙げられます。

  • 周囲の注意を怠らない
  • 防犯ブザーを携帯する
  • 法的知識を身につける
  • 状況証拠を残す
  • 跳ねかすなどの仕返しは絶対にしない

それぞれ解説していきます。

周囲の注意を怠らない

ぶつかりおじさんから身を守るためには、周囲への注意を怠らないことが大切です。

人混みの中でも、常に周囲の状況を把握し、不審な人物がいないかを確認しましょう。

以下のようなことを心がけるとよいでしょう。

  • 混雑した場所では、周囲の人の動きに注意する
  • 背後から近づいてくる人がいないか確認する
  • 身の危険を感じたら、すぐに離れる

油断していると、不意を突かれて被害に遭ってしまうかもしれません。

また、一人で行動するよりも、友人と一緒に行動することで、被害に遭うリスクを下げることができます。

常に周囲への注意を怠らず、危険を察知する力を養いましょう。

防犯ブザーを携帯する

ぶつかりおじさんから身を守るために、防犯ブザーを携帯するのも効果的です。

いざという時に大きな音を鳴らすことで、周囲に助けを求めることができるのです。

防犯ブザーは以下のような特徴があります。

  • 大音量で周囲の注意を引くことができる
  • 小型で携帯しやすい
  • 簡単な操作で作動させることができる

ぶつかりおじさんに遭遇した際は、躊躇せずに防犯ブザーを鳴らしましょう。

また、防犯ブザーを携帯しているという事実を周囲に示すことで、抑止力にもなります。

いざという時のために、防犯ブザーを常に携帯しておくことをおすすめします。

法的知識を身につける

ぶつかりおじさんに対処するためには、一定の法的知識を身につけておくことが大切です。

自分の権利を守るために、どのような行為が違法なのかを知っておく必要があるのです。

例えば、以下のような法律があることを知っておきましょう。

  • 軽犯罪法(ぶつかり行為は業務妨害に該当)
  • 迷惑防止条例(公共の場でのわいせつ行為を禁止)
  • 刑法(強制わいせつ罪、強制性交等罪)

ぶつかり行為が違法であることを認識し、毅然とした態度で対処することが求められます。

また、被害に遭った際は、警察に相談することも重要です。

適切な法的手段を取ることで、自分の権利を守ることができるはずです。

状況証拠を残す

ぶつかりおじさんの行為を立証するためには、状況証拠を残すことが重要です。

被害に遭った状況を客観的に示すことで、加害者の責任を追及しやすくなるのです。

具体的には、以下のような方法が考えられます。

  • 防犯カメラの映像を確保する
  • 目撃者の証言を集める
  • 被害状況をメモや写真に残す

状況証拠があれば、警察への相談もスムーズに進むでしょう。

また、加害者への損害賠償請求などの法的措置を取る際にも、証拠は非常に重要です。

冷静に状況を記録し、証拠を残すことを心がけましょう。

跳ねかすなどの仕返しは絶対にしない

ぶつかりおじさんへの仕返しとして、跳ねかすなどの行為に出てはいけません。

感情的になって、同じようにぶつかり返すのは絶対に避けるべきなのです。

仕返しをすることで、以下のようなリスクがあります。

  • 自分も加害者となり、法的責任を問われる可能性がある
  • 相手から反撃され、より大きな被害につながる
  • 状況が複雑になり、自分の正当性を主張しにくくなる

一時の感情に任せた行動は、事態をより悪化させるだけです。

また、仕返しをすることで、自分も同じ レベルの人間だと思われてしまうかもしれません。

相手の行為に屈することなく、毅然とした態度で立ち向かうことが大切ですよ。

仕返しのリスクについては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらも合わせて読んでおきましょう。

ぶつかりおじさんがよく使う3つの手口

ぶつかりおじさんは、ある程度共通した手口を用いて行動していると考えられています。

彼らの手口を知ることで、適切な対策を取ることができるでしょう。

ぶつかりおじさんが使う手口には以下の3つが挙げられます。

  • 人混みを利用する
  • 弱い対象を狙う
  • 偶然の接触を装う

それぞれ解説していきます。

人混みを利用する

ぶつかりおじさんは、人混みを巧みに利用して行動します。

混雑した電車やエレベーター、イベント会場などで、周囲に紛れて接触を繰り返すのです。

以下のような状況を狙っていると考えられます。

  • 通勤ラッシュ時の満員電車
  • 混雑したエレベーターやエスカレーター
  • 人が多く集まるイベント会場

人混みに紛れることで、自分の行為を見破られにくくしているのでしょう。

また、周囲の人も気づきにくいため、ぶつかりおじさんにとっては絶好の狩場なのかもしれません。

人混みの中では、自分の身を守るための意識が何より大切だと言えます。

弱い対象を狙う

ぶつかりおじさんは、自分より弱い対象を狙う傾向があります。

抵抗されにくい相手を選んで接触することで、自分の優位性を保とうとしているのです。

具体的には、以下のような人が標的になりやすいと言われています。

  • 若い女性や子供
  • 体格の小さな人
  • おとなしそうな印象の人

相手を見下し、自分の優位性を示すことで満足感を得ているのかもしれません。

ただし、弱い立場の人を狙うのは卑怯な行為であり、断じて許されるものではありません。

弱い立場の人ほど、周囲の助けを借りることをためらわないことが大切ですね。

偶然の接触を装う

ぶつかりおじさんは、自分の行為を偶然の接触として装う傾向があります。

「人混みで仕方なくぶつかってしまった」と言い訳することで、責任を回避しようとするのです。

以下のような言い訳をすることが多いと言われています。

  • 「混んでいて気づかなかった」
  • 「足元が悪くてバランスを崩した」
  • 「急いでいたから、つい…」

偶然を装うことで、自分の行為の違法性を隠蔽しようとしているのでしょう。

ただし、明らかな故意によるぶつかりは、偶然とは言えません。

状況証拠を残すことで、故意性を立証することが重要だと考えられます。

まとめ

ぶつかりおじさんの行動の裏にある心理と、身を守るための対策について解説しました。

ぶつかりおじさんの行動の裏には、以下の4つの心理が潜んでいる可能性があります。

  • わいせつ目的
  • ストレスの発散
  • 劣等感やコンプレックスがある
  • 女性軽視の考えが根強い

ぶつかりおじさんから身を守るためには、以下の5つの対策が有効でしょう。

  • 周囲の注意を怠らない
  • 防犯ブザーを携帯する
  • 法的知識を身につける
  • 状況証拠を残す
  • 跳ねかすなどの仕返しは絶対にしない

ぶつかりおじさんは、以下のような手口を使うことが多いようです。

  • 人混みを利用する
  • 弱い対象を狙う
  • 偶然の接触を装う

ぶつかりおじさんの行動は、わいせつ目的やストレス発散、劣等感の裏返しなど、様々な心理的要因が絡み合っていると考えられます。女性軽視の考えが根強いケースもあるでしょう。

彼らは人混みを利用し、弱い対象を狙って、偶然を装った接触を繰り返します。

被害に遭わないためには、日頃から周囲への注意を怠らず、防犯ブザーを携帯するなどの対策が大切です。また、法的知識を身につけ、状況証拠を残すことも重要でしょう。

ただし、跳ねかすなどの仕返しは絶対にすべきではありません。相手を刺激し、事態をさらに悪化させる恐れがあるからです。

ぶつかりおじさんは犯罪者予備軍ともいえる存在です。被害に遭った場合は、一人で抱え込まず、警察など公的機関に相談することをおすすめします。

ぶつかりおじさん問題は、社会全体で取り組むべき課題です。一人一人が意識を高め、互いに尊重し合える社会を目指していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こころと申します。20代で心理学者として活動しており、特に感情認知やストレス管理の研究に情熱を傾けています。現在は心理学で得た知見を通して多くの方の悩みを解決する発信をしています。

目次