【診断】学歴コンプレックスを持つ女性8つの特徴

こころ

学歴コンプレックスに悩む女性って多いのかな?

「自分の学歴に自信が持てない」「高学歴者の前だと劣等感を感じてしまう」など、学歴コンプレックスを感じている女性は少なくないと思います。

そんな学歴コンプレックスに悩む女性に向けて、学歴コンプレックスを持つ女性の特徴と、その解消法についてお伝えします。

記事の前半では『学歴コンプレックスを持つ女性8つの特徴』について解説し、

記事の後半では『学歴コンプレックスを解消する5つの対処法』について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読み終えることで、自分の学歴コンプレックスと向き合い、前向きに乗り越えるヒントが得られるはずです。学歴に捉われず、自分らしく輝ける女性になりましょう!

学歴コンプレックスを持つ女性8つの特徴
  • 自分の学歴を恥ずかしく思う
  • 高学歴者の前では自信をなくす
  • 学歴の話題を避けようとする
  • 学歴社会に疑問を感じつつ流される
  • 自分の意見を言うのを躊躇する
  • 学歴アピールする人に嫌悪感を抱く
  • 学歴が低いことを理由に挑戦を諦める
  • 高学歴の人と比較して落ち込む
目次

【診断】学歴コンプレックスを持つ女性8つの特徴

学歴コンプレックスを持つ女性には、いくつかの共通した特徴があります。

ここでは、学歴コンプレックスを抱える女性の特徴を8つ挙げていきます。

学歴コンプレックスを持つ女性の特徴は以下の通りです。

  • 自分の学歴を恥ずかしく思う
  • 高学歴者の前では自信をなくす
  • 学歴の話題を避けようとする
  • 学歴社会に疑問を感じつつ流される
  • 自分の意見を言うのを躊躇する
  • 学歴アピールする人に嫌悪感を抱く
  • 学歴が低いことを理由に挑戦を諦める
  • 高学歴の人と比較して落ち込む

あなたの周りにも、これらの特徴に当てはまる人がいるかもしれません。

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

自分の学歴を恥ずかしく思う

学歴コンプレックスを持つ女性の多くは、自分の学歴に誇りを持てず、恥ずかしいと感じています。

周囲と比べて自分の学歴が低いと思うと、劣等感を抱いてしまうのです。

実際に、学歴コンプレックスを持つ女性には以下のような人が多いです。

  • 高卒や専門学校卒で、大卒の友人に囲まれている
  • 短大卒で、同年代の多くが4年制大学を卒業している
  • 大卒だが、有名大学出身者ばかりの職場で働いている

学歴だけで人の価値が決まるわけではありませんが、社会的な評価が気になってしまうのでしょう。

ただ、学歴は努力では変えられない部分もあるので、あまり自分を責めすぎないことが大切です。

自分には自分の良さがあるのだと、自信を持つようにしましょう。

高学歴者の前では自信をなくす

学歴コンプレックスを持つ女性は、高学歴者の前では自信をなくしてしまう傾向にあります。

高学歴者は知識が豊富で頭が良いというイメージがあるため、圧倒されてしまうのです。

例えば、以下のような状況で自信をなくしてしまう人が多いようです。

  • 会議で高学歴の上司や同僚の前で発言する時
  • 高学歴の友人と学生時代の思い出話をする時
  • 合コンで高学歴の異性と話す時

高学歴者だからといって、必ずしも優秀とは限りませんが、学歴コンプレックスがあるとそう感じてしまうのでしょう。

自分の意見や考えは、学歴に関係なく価値があるのだと自覚することが重要です。

堂々と自分の意見を言える女性になるためにも、自信を持つことを心がけましょう。

学歴の話題を避けようとする

学歴コンプレックスを持つ女性は、学歴の話題を避ける傾向があります。

自分の学歴について話すことで、マイナスのイメージを持たれるのが怖いのでしょう。

学歴の話題を避けようとする人は、以下のような行動を取ることが多いです。

  • 学歴について聞かれても、はぐらかす
  • 学歴の話になると、話題を変える
  • 学歴社会について批判的な発言をする

学歴の話題を避け続けると、かえって学歴コンプレックスが強くなってしまう恐れがあります。

自分の学歴を肯定的に捉え、堂々と話せるようになることが理想です。

学歴は自分の一部でしかないのだと割り切ることも必要ですね。

学歴社会に疑問を感じつつ流される

学歴コンプレックスを持つ女性の中には、学歴社会のあり方に疑問を感じつつも、流されてしまう人が多いのです。

学歴が重視される風潮に違和感を覚えながらも、その風潮に乗ってしまうのでしょう。

学歴社会に流されやすい人は、以下のような特徴があります。

  • 学歴が高い人を羨ましく思っている
  • 学歴が良い企業や職種に憧れている
  • 周りから学歴について言及されると、それに同調してしまう

学歴社会の問題点を感じていても、その流れに逆らうことは難しいと感じているのかもしれません。

でも、学歴だけが全てではないことを忘れないでください。

自分の人生は自分で決められるのだと、自覚を持つことが大切ですよ。

自分の意見を言うのを躊躇する

学歴コンプレックスを持つ女性は、自分の意見を言うことを躊躇してしまいがちです。

自分の学歴が低いことで、意見を言う資格がないように感じてしまうのでしょう。

意見を言うことを躊躇する人は、以下のような状況に陥りやすいです。

  • 会議で発言する機会を逃してしまう
  • グループディスカッションで意見を言えない
  • 上司に提案をするタイミングを逸してしまう

学歴に関わらず、一人一人の意見には価値があるはずです。

自分の意見を言わないことで、チャンスを逃してしまうかもしれません。

自信を持って、積極的に発言していく勇気を持ちましょう。

学歴アピールする人に嫌悪感を抱く

学歴コンプレックスを持つ女性は、学歴をアピールする人に嫌悪感を抱きやすい傾向にあります。

自分には無い学歴を誇示されることで、嫌な気分になってしまうのでしょう。

例えば、以下のような人に対して嫌悪感を抱いてしまうかもしれません。

  • 学歴を自慢してくる友人
  • 学歴が高いことを理由に人を見下す人
  • 学歴が良いことを強調する恋愛対象の異性

学歴アピールする人の態度が、学歴コンプレックスを刺激してしまうのかもしれません。

ただ、学歴をアピールする人がみな悪いわけではありません。

学歴に捉われすぎず、相手の人間性を見る目を養うことも大切だと思います。

学歴が低いことを理由に挑戦を諦める

学歴コンプレックスを持つ女性は、学歴が低いことを理由に挑戦を諦めてしまいがちです。

「学歴が低いから、できるはずがない」と決めつけ、チャレンジする前から諦めてしまうのです。

学歴が低いことを理由に諦めてしまう人は、以下のようなことを考えているかもしれません。

  • 学歴が低いから、良い企業に就職できない
  • 学歴が足りないから、昇進は難しい
  • 学歴が低いと、難しい仕事は任せてもらえない

確かに、学歴が低いと不利になる場面はあるかもしれません。

でも、学歴だけが評価の全てではありません。

学歴が低くても、努力次第でチャンスをつかむことはできるはずです。

高学歴の人と比較して落ち込む

学歴コンプレックスを持つ女性は、高学歴の人と比較して落ち込んでしまいます。

高学歴者の優秀そうな姿を見ると、自分との差を感じて自信をなくしてしまうのです。

高学歴の人と比べて落ち込んでしまう人は、以下のような状況に陥りがちです。

  • 高学歴の人の経歴を見て、自分はダメだと思い込む
  • 高学歴者が活躍する姿を見て、自分の将来に絶望する
  • 高学歴の友人の話を聞いて、自分の人生は失敗だったと感じる

他人と比べて落ち込むことは、誰にでもあることかもしれません。

ただ、学歴だけで人生の成功や失敗は決まりません。

自分の良さを信じて、前を向いて歩んでいくことが何より大切ですよ。

学歴コンプレックスを解消する5つの対処法

学歴コンプレックスは、自分の力で克服することができます。

ここでは、学歴コンプレックスを解消するための5つの対処法をご紹介します。

学歴コンプレックスを克服する方法は以下の通りです。

  • 学歴は人間の一部でしかないと認識する
  • 自分の強みや個性を再確認する
  • 学び続ける姿勢を大切にする
  • 学歴に捉われない人間関係を築く
  • 専門性を高めてプロとしての自信をつける

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

学歴は人間の一部でしかないと認識する

学歴コンプレックスを解消するには、学歴は人間の一部でしかないと認識することが大切です。

人の価値は、学歴だけで決まるわけではありません。

学歴以外にも、人間には様々な魅力があるはずです。

例えば、以下のような要素は学歴と関係ありません。

  • 人間性や性格の良さ
  • 他者への思いやりの心
  • 目標に向かって努力する姿勢
  • 個性的な趣味や特技

学歴だけに囚われず、自分の良さを多角的に見つめ直してみてください。

きっと、学歴以外の魅力がたくさん見つかるはずです。

学歴は自分を構成する要素の一つでしかないと、肝に銘じておきましょう。

自分の強みや個性を再確認する

学歴コンプレックスを解消するには、自分の強みや個性を再確認することが有効です。

学歴以外の自分の魅力を再発見することで、自信を取り戻すことができるでしょう。

自分の強みや個性を見つけるためには、以下のようなことをしてみると良いかもしれません。

  • 今までの経験を振り返り、自分の得意なことを書き出す
  • 周りの人から自分の良さを聞いてみる
  • 自分の個性が発揮できる趣味や活動を探す

自分の強みや個性は、学歴とは関係ないところにあるはずです。

自分らしさを大切にして、自信を持って生きていくことが何より重要ですよ。

学歴だけで自分を判断するのではなく、自分の良さを再発見してみてください。

学び続ける姿勢を大切にする

学歴コンプレックスを解消するには、学び続ける姿勢を大切にすることが重要です。

学歴は過去の学びの結果ですが、これからの人生は自分次第で変えられます。

学び続けることで、新しい知識やスキルを身につけ、自信を持てるようになるでしょう。

例えば、以下のような方法で学び続けることができます。

  • 本や雑誌を読んで、新しい知識を吸収する
  • オンラインの講座やセミナーを受講する
  • 資格取得に挑戦してみる
  • 自分の興味のある分野について調べる

学歴は高くなくても、学ぶ意欲さえあれば、いくらでも成長することができます。

学歴に捉われず、自分なりの学びを続けていきましょう。

知識欲を忘れずに、常に成長し続ける姿勢が大切ですよ。

学歴に捉われない人間関係を築く

学歴コンプレックスを解消するには、学歴に捉われない人間関係を築くことが有効です。

学歴ではなく、人間性で付き合える仲間を見つけることで、学歴コンプレックスから解放されるでしょう。

学歴に捉われない人間関係を築くためには、以下のようなことを心がけると良いかもしれません。

  • 学歴の話題にはあまり触れないようにする
  • 学歴よりも、相手の人柄を重視する
  • 自分と価値観の合う仲間を見つける
  • 学歴に捉われない交流の場に参加する

学歴だけで人を判断する人とは、深い関係を築くのは難しいかもしれません。

自分らしくいられる、学歴に捉われない人間関係を大切にしましょう。

そうすれば、学歴コンプレックスから自然と解放されていくはずです。

専門性を高めてプロとしての自信をつける

学歴コンプレックスを解消するには、専門性を高めてプロとしての自信をつけることが重要です。

特定の分野で専門性を身につけることで、学歴とは関係なく、自分の価値を示すことができるでしょう。

専門性を高めるためには、以下のようなことが効果的です。

  • 自分の興味のある分野で、スキルアップを図る
  • 専門的な資格の取得を目指す
  • 同じ分野で働く先輩から学ぶ
  • 専門性を活かせる仕事に就く

特定の分野のプロフェッショナルになれば、学歴など関係なくなります。

むしろ、その道のプロとして、周りから一目置かれる存在になれるはずです。

自分の得意分野を見つけて、専門性を高めていくことを目指しましょう。

きっと、学歴コンプレックスを感じることなく、堂々と生きていけるようになりますよ。


学歴コンプレックスを抱えている女性は、自分の本当の価値に気づいていないだけなのかもしれません。

学歴だけが人の価値を決めるわけではないことを、心に留めておくことが大切です。

ここで紹介した対処法を参考に、自分なりの学歴コンプレックス解消法を見つけてみてください。

そして、学歴に囚われず、自分らしく生きていける自信を持てるようになってくださいね。

こちらもよく読まれています

>>面白い女性は賢い?共通する6つの特徴

学歴コンプレックスを持つ女性によくある3つの質問

学歴コンプレックスを持つ女性には、よくある質問があります。

ここでは、学歴コンプレックスに関する3つの質問を取り上げます。

学歴コンプレックスを持つ女性によくある質問は以下の通りです。

  • Q1. 学歴コンプレックスを感じる原因は何?
  • Q2. 学歴コンプレックスを抱える人の割合はどのくらい?
  • Q3. 学歴コンプレックスが恋愛に与える影響は?

それぞれの質問について、詳しく見ていきましょう。

Q1. 学歴コンプレックスを感じる原因は何?

学歴コンプレックスを感じる原因は、主に以下の3つが考えられます。

1つ目は、学歴社会の影響です。

日本社会では、学歴が人の評価に大きく関わっていると感じている人が多いでしょう。

2つ目は、周りとの比較です。

高学歴の友人や恋人、同僚を見ると、自分の学歴の低さを実感してしまうのかもしれません。

3つ目は、自尊心の低さです。

もともと自分に自信がない人は、学歴の面でも負い目を感じやすいと言えます。

学歴コンプレックスの原因は人それぞれ異なりますが、社会や周囲の影響を受けやすいと言えそうです。

自分の学歴に誇りを持てるようになることが、コンプレックス解消の第一歩になるでしょう。

学歴は自分の価値を決める要素の一つでしかないと、意識することが大切ですよ。

Q2. 学歴コンプレックスを抱える人の割合はどのくらい?

学歴コンプレックスを抱える人の割合を明確に示すデータは少ないですが、一定数存在すると考えられています。

ある調査では、20〜50代の男女の約4割が学歴コンプレックスを感じたことがあると回答しました。

特に、高卒や専門学校卒、短大卒の人の割合が高い傾向にあるようです。

学歴コンプレックスを抱える人は、以下のような特徴があると言われています。

  • 自分の学歴に自信が持てない
  • 高学歴者と比べて、自分を卑下してしまう
  • 学歴が原因で、仕事や恋愛でマイナス思考になる

学歴コンプレックスは、意外と多くの人が抱えている悩みなのかもしれません。

ただ、コンプレックスを感じたとしても、それを乗り越えて活躍している人はたくさんいます。

学歴は関係なく、自分の可能性を信じることが何より大切だと思います。

Q3. 学歴コンプレックスが恋愛に与える影響は?

学歴コンプレックスは、恋愛にも少なからず影響を与えます。

学歴が低いことで、以下のような恋愛傾向になってしまう人がいるようです。

  • 高学歴の異性に劣等感を抱き、アプローチできない
  • 学歴の話題になると、恋人に対して嘘をついてしまう
  • 学歴が原因で、恋人との将来に不安を感じる

学歴コンプレックスがあると、恋愛に臆病になってしまうのかもしれません。

でも、本当に大切なのは、学歴ではなく、人柄や価値観の合う相手を見つけることです。

自分に自信を持って、積極的に恋愛に向き合うことが良い結果につながるでしょう。

学歴は恋愛の判断基準にはならないと、肝に銘じておくことが大切だと思います。

学歴コンプレックスを持つ女性は、恋愛でも不安を感じやすいようですね。

学歴に捉われず、自分らしく恋愛を楽しめるようになってほしいと思います。

こちらもよく読まれています

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こころと申します。20代で心理学者として活動しており、特に感情認知やストレス管理の研究に情熱を傾けています。現在は心理学で得た知見を通して多くの方の悩みを解決する発信をしています。

目次