LINEをやっていない人のあるある6選

こころ

LINEをやってない人ってどんなあるあるがあるの?

「あの人、LINEやってないみたい。LINEをやってない人あるあるって何だろう?」と気になったことはありませんか?

この記事では、LINEをやっていない人によくある経験と、そういった人の特徴について解説します。

前半では『LINEをやっていない人あるある6選』を紹介し、後半では『LINEをやっていない人の7つの特徴』に迫ります。

記事を読み終えると、LINEを使わない人ならではの苦労や特性が理解でき、そんな友人との上手なコミュニケーションの取り方が分かるはずです!

LINEをやっていない人のあるある6選
  • 連絡手段が電話かメールに限られる
  • グループでの情報共有から取り残される
  • LINEスタンプ文化を理解できない
  • 友達からLINEの面白い画像を見せられても反応に困る
  • LINEの既読無視の概念が分からない
  • 友達に「LINEやってないの?」と驚かれる
目次

LINEをやっていない人あるある6選

LINEをやっていない人には、LINEユーザーには分からないような独特のあるあるがあります。

それでは、LINEをやっていない人のあるあるを6つ紹介しましょう。

LINEをやっていない人によくあるあるあるは以下の通りです。

  • 連絡手段が電話かメールに限られる
  • グループでの情報共有から取り残される
  • LINEスタンプ文化を理解できない
  • 友達からLINEの面白い画像を見せられても反応に困る
  • LINEの既読無視の概念が分からない
  • 友達に「LINEやってないの?」と驚かれる

どれも、LINEユーザーにとっては当たり前のことかもしれませんね。

それぞれ解説していきます。

連絡手段が電話かメールに限られる

LINEをやっていない人は、連絡手段が電話かメールしかないため不便を感じているでしょう。

LINEは手軽にメッセージのやりとりができるので、それができないのは不便に感じるのです。

実際に、LINEをやっていない人は以下のような人が多いです。

  • 年配の方
  • ガラケーを使っている人
  • パソコンでのメールが主な連絡手段の人

グループでの情報共有から取り残される

LINEをやっていないと、グループでの情報共有から取り残されてしまう可能性があります。

最近は、LINEグループで予定を決めたり、情報を共有したりすることが多いからです。

例えば、以下のようなケースでは不便を感じるかもしれません。

  • 友人同士の飲み会の予定をLINEグループで決めている
  • サークルやゼミの連絡事項がLINEで共有されている
  • 家族間の予定をLINEで決めている

LINEスタンプ文化を理解できない

LINEスタンプは、会話を楽しくするための重要なコミュニケーションツールですが、使ったことがない人にはピンとこないでしょう。

LINEをやっていない人からすると、スタンプだけでやりとりすることに違和感を覚えるかもしれません。

以下のようなことを不思議に思う人もいるでしょう。

  • 言葉で伝えればいいのに、なぜわざわざスタンプを使うのか
  • スタンプの意味が分からない
  • スタンプを使うタイミングが掴めない

友達からLINEの面白い画像を見せられても反応に困る

友達から、LINEで話題になっている画像や動画を見せられても、LINEをやっていない人は反応に困ってしまいます。

LINEをやっている人は、友達と画像や動画を共有して盛り上がることがありますよね。

しかし、LINEをやっていない人は、以下のようなことを感じるかもしれません。

  • そもそもその画像や動画を見たことがない
  • 画像や動画の内容が分からない
  • 面白いと思えない

LINEの既読無視の概念が分からない

LINEの既読無視は、LINEユーザーにはおなじみの概念ですが、LINEをやっていない人には理解できないでしょう。

メッセージを読んだのに返信しないことを既読無視と言いますが、LINEをやっていない人からすると不可解に感じるでしょう。

LINEをやっていない人は、以下のように感じるかもしれません。

  • 既読になっているのに、なぜ返信がないのか分からない
  • 既読無視をされると、相手に嫌われているのかと不安になる
  • そもそも既読無視という概念自体が理解できない

友達に「LINEやってないの?」と驚かれる

今やLINEは多くの人が使っているので、使っていないと友達に驚かれてしまうこともあります。

「LINEやってないの?」と聞かれて、面倒くさそうだからと言うと、さらに驚かれるかもしれません。

LINEをやっていない人は、以下のような反応をされるでしょう。

  • 今どきLINEをやっていないなんて信じられない
  • 連絡が取りづらいから、LINEを始めてほしい
  • LINEをやらない理由が分からない

LINEをやらない人の心理も合わせて知っておくと面白いですよ↓↓

LINEをやっていない人の7つの特徴

LINEをやっていない人には、独特の特徴があります。

LINEをやっていない人の特徴を理解することで、コミュニケーションがスムーズになるかもしれません。

LINEをやっていない人によくある特徴は以下の通りです。

  • プライバシーに敏感
  • 対面でのコミュニケーションを好む
  • SNSに疎い
  • トレンドに流されない
  • 電話派
  • メールの返信は丁寧
  • 直接会うことを提案してくる

それぞれの特徴について、詳しく見ていきましょう。

プライバシーに敏感

LINEをやっていない人の多くは、プライバシーに敏感な傾向にあります。

LINEでは、個人情報を登録する必要があるため、そのことに抵抗を感じる人もいるのです。

プライバシーを守るために、以下のようなことを気にする人が多いでしょう。

  • 個人情報の登録を避けたい
  • 自分の行動を知られたくない
  • プライベートな情報を共有したくない

対面でのコミュニケーションを好む

LINEをやっていない人は、対面でのコミュニケーションを好む傾向にあります。

メッセージのやりとりよりも、直接会って話すことを大切にしているのです。

例えば、以下のようなことを考えている人が多いかもしれません。

  • 相手の表情を見ながら話したい
  • 直接会って話す方が、誤解が生まれにくい
  • メッセージでは伝えづらいことがある

SNSに疎い

LINEをやっていない人の中には、SNS全般に疎い人もいます。

FacebookやTwitter、Instagramなども使っていない人は、SNSへの興味関心が低いのかもしれません。

SNSに疎い人は、以下のような特徴があるでしょう。

  • SNSの使い方が分からない
  • SNSの必要性を感じない
  • SNSの情報を鵜呑みにしない

トレンドに流されない

LINEをやっていない人は、トレンドに流されない傾向にあります。

みんなが使っているからと言って、流行に乗るタイプではないのでしょう。

トレンドに流されない人は、以下のような特徴があります。

  • 自分の価値観を大切にする
  • 人と同じことをする必要性を感じない
  • 流行に惑わされない

電話派

LINEをやっていない人の中には、電話派の人もいます。

メッセージよりも、直接声を聞いて話すことを好むのでしょう。

電話派の人は、以下のような特徴があります。

  • 電話で話す方が、相手の様子が分かる
  • 長い話は、電話の方が伝えやすい
  • メッセージのやりとりは面倒に感じる

メールの返信は丁寧

LINEをやっていない人は、メールの返信が丁寧な傾向にあります。

メールを主要なコミュニケーションツールとしている人は、返信の文面にも気を配っているのでしょう。

丁寧なメールの特徴は、以下のような点があります。

  • 件名を適切に付ける
  • 宛名と署名を忘れずに入れる
  • 長すぎず、短すぎない適度な文章量
  • 相手に失礼のないような言葉遣い

直接会うことを提案してくる

LINEをやっていない人は、直接会って話すことを提案してくることがよくあります。

メッセージのやりとりでは物足りないと感じる人は、会って話したいと思うのでしょう。

直接会うことを提案してくる人は、以下のような特徴があります。

  • 対面でのコミュニケーションを大切にしている
  • メッセージでは伝えづらいことがある
  • 相手の反応を直接確かめたい

LINEをやっていない人によくある質問3つ

LINEをやっていない人には、よくある質問があります。

それでは、代表的な3つの質問について見ていきましょう。

LINEをやっていない人に聞かれる質問は以下の通りです。

  • Q1. LINEを使っていないと何が不便ですか?
  • Q2. 連絡手段として他に何を使っていますか?
  • Q3. LINEを使わない理由は何ですか?

それぞれの質問について、答えを考えてみましょう。

Q1. LINEを使っていないと何が不便ですか?

LINEを使っていないと、以下のようなことが不便だと感じる人が多いようです。

  • グループでの情報共有ができない
  • 気軽にメッセージを送れない
  • 既読機能がないので、相手が読んだかどうか分からない
  • 無料通話ができない

LINEは、コミュニケーションを取るための便利な機能が豊富にあります。

特に、グループ機能は情報共有に役立つので、使っていないと不便に感じるでしょう。

ただ、LINEを使わなくても、他の連絡手段を使えば問題ありません。

自分に合ったコミュニケーションツールを選ぶことが大切ですね。

Q2. 連絡手段として他に何を使っていますか?

LINEを使っていない人が、連絡手段として使っているのは以下のようなツールです。

  • 電話
  • メール
  • SMS
  • SNS(Facebook、Twitter、Instagramなど)

電話やメールは、昔からある連絡手段ですが、今でも重宝されています。

SNSは、LINEほど気軽にメッセージを送れませんが、情報収集には役立ちます。

大切なのは、相手に合わせて連絡手段を選ぶことです。

相手がLINEを使っていない場合は、他の連絡手段を提案してみるといいですね。

Q3. LINEを使わない理由は何ですか?

LINEを使わない理由は、人それぞれ異なります。

よくある理由としては、以下のようなものがあります。

  • スマートフォンを持っていない
  • 個人情報の登録が嫌だ
  • 使い方が分からない
  • 必要性を感じない

年配の方の中には、スマートフォンを持っていない人もいるでしょう。

また、個人情報の登録に抵抗を感じる人もいるかもしれません。

LINEを使わない理由は人それぞれですが、無理に使う必要はありません。

自分に合ったコミュニケーションツールを選んで、大切な人とつながることが何より大切ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こころと申します。20代で心理学者として活動しており、特に感情認知やストレス管理の研究に情熱を傾けています。現在は心理学で得た知見を通して多くの方の悩みを解決する発信をしています。

目次